いらっしゃい

安全にこだわりを!

最近の記事

プロフィール

ignatia

Author:ignatia
どうも、こんにちは
当ブログにお越し頂きありがとうございます。

私は医学生の時にホメオパシーに興味を抱き、
好機を得て、ホメオパシーを学ぶ事が出来、ホメオパスにもなれたというちょっと変わった医者です。

元々は、小さい頃から医者になりたくてなりたくて、念願かなって医学部入学。
ERにあこがれて、救急救命医になるんだ!と思っていました。

しかし、大学に入学して、ちょっと変わった彼氏ができ、彼から、
気・波動・整体など
西洋医学とはちょっと違う方向のことや
DNAや量子物理学など、
万物の根源に関することを話され、
医学そのものより病気の本質・健康の本質に興味を持ち始めます。

そんな中、
個人的に参加したサイモントン療法で知り合った女性に

ホメオパシーというのがあるんだよ!
由井先生はすごいよ!

とのお言葉を頂き、学校説明会→即入学。

まだこの頃は横に広がる人生の一環で、とにかくたくさんいろんな事を知りたい時期でしたね。

現在は、CHhomの前身であるRAHを無事卒業し、
JPHMAの試験にも合格し、
2年後、HMAの試験にも合格。
無事ホメオパスの資格を得る事が出来ました。

本業の医学は無事大学を卒業し、現在は医者として働いています。

ホメオパシーに関しては、現在のところは自分と近しい人にしか使っておりませんが、
ご質問があれば、どしどしどうぞ^^

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆

最近のコメント

月別アーカイブ

*ホメオパシーと医学と私*
☆☆ひょんなことからホメオパシーと知り合うことになった新米医師!!!!!!☆☆レメディとの格闘の日々♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sulphur Sublimatum(ソーファー/硫黄)
Sulph(ソーファ)これも『大きなレメディ』の一つですよね!
いろんな症状に使うことができます。子供にもよく使うのかな?

私の中でのSulph(ソーファ)のイメージはまさに、由井先生の本にあるように、『ぼろきれをまとった哲学者』ですね。マテリア・メディカから受けるSulph(ソーファ)のイメージは、本当にただのボロな人なのですが、実はそうじゃなくて、本当に由井先生の本にあるような感じの人です。一見キラキラしていたりするんですよね。

さて、そんなSulph(ソーファ)ですが、全般的には、入浴を嫌い、臭く、汗っかきで、唇と顔が赤いです。入浴を嫌うのは熱で悪化するためですね。同様に、午前の中ごろでも悪化します。逆に外気で好転するために外気を欲します甘いものや脂っこいものを切望し、肉を嫌悪します。

精神的には、落ち着きがなく、忍耐に欠ける、怒りっぽく、無秩序、熱狂的です。

Sulph(ソーファ)の妊娠ですが、息切れがし、活動で悪化、外気で好転します。便秘があり、肛門付近のやけるような感覚を伴います。もあり、大きく、出血があり、これもやけるような感覚を伴います。立っていること、歩くことで悪化皮膚のかゆみがありますが、発疹はありません

産後の授乳期の母親の疲労に良いレメディです。この疲労は午後もしくは熱すぎると悪化します。授乳後は乳頭が亀裂し、痛くなり、痒くやけるような感覚を伴います出産後の抜け毛にも良いです。

初めにも書きましたが、Sulph(ソーファ)は決してボロの汚い人ばかりではありません。皮膚症状ややけるような・・・という文体が全面に出がちですが、私のであったSulph(ソーファ)さんは、キラキラした女性でした。あまりにイメージと違ったので、へえ~と納得したのを今でも覚えています。そうそう、それで、「あ、私もSulph(ソーファ)」と思う一面が増えました。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中です^^
共感していただける方ワンクリック、どうぞお願いします☆




Silicea Terra(シリシア/水晶)
私の持っているバーミューランさんの本では、Sil(シリシア)と成っていますが、由井先生の本を初め日本ではSil(シリカ)で通っているレメディ ですね^^

さて、Sil(シリカ)ちゃんですが、Mirandaさん曰く、‘Great Healing Remedy'(とてもすばらしい癒しのためのレメディ)だそうで、傷の治療にすばらしい効果を発揮します。帝王切開のあとの傷などにもってこいですね。

さて、そんなSil(シリカ)ちゃんの全般ですが、恥ずかしがりで不安げで、控えめで自信なげに見えます。体はとても冷えていて、あらゆるタイプの冷たさで悪化、熱で好転します。体は冷えているのにすっぱい匂いのする汗をかきます。特に頭と足に汗をかきやすいです。、Sil(シリカ)ちゃんは自信なげと書きましたが、内面は意外に頑固です。譲れないものを密かに持っています

先ほども書きましたが、傷に良いレメディです。会陰切開や帝王切開の傷、また傷が炎症し、化膿し、痛むような状況、傷が開いたり、ケロイドができるような状況に使えます。

授乳時、おしりの痛みが悪化するような後陣痛に良いです。

授乳時の背中の痛みがあり、凝って、麻痺して、硬くなったような感覚があります。

授乳時、乳頭の亀裂から出血し、激しく痛むような時にも使えます。

また、赤ちゃんにおいては、おへその炎症や、涙管の閉塞に使います。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中です^^
共感していただける方ワンクリック、どうぞお願いします☆



Natrum Muriaticum(ネイチュミュア/岩塩)
さて、やってきました Nat-m(ネイチュミュア) 。日本人とは切っても切れない関係のレメディ ですね。私がホメオパシーで始めて摂ったレメディ が Nat-m(ネイチュミュア) だったと思います。

Mirandaさんは、イギリス人はこの Nat-m(ネイチュミュア)がぴったりだとおっしゃっていましたが、同時に、日本人にもとってもあうんじゃないかしら?とおっしゃっていました。全く同感です。

さて、Nat-m(ネイチュミュア) さんの全般ですが、触られると冷たいと感じるかもしれませんが、それでも平気です風通しの悪い部屋、太陽の熱を嫌います塩辛いものや塩自体が好きですが、パンは嫌いです。とてものどが渇きやすいです

精神的症状ですが、とても真面目で、敏感で自分の内に閉じこもっています自分のもろさを露呈することができませんストレスの元では、傷つくことや屈辱を避けるために自分を閉ざし、容易に怒ります慰められることを嫌い、一人で泣くか、傷をなめることを好みます

Nat-m(ネイチュミュア) のテーマというのは、深い悲しみ、深い喪失です。とても深い深いところで傷ついているので、それを表に出しません。というのも、そのことを話すことによって相手も傷つくかもしれないと恐れるからです。そして、頭痛が生じるのです。Nat-m(ネイチュミュア) さんは、それを克服するために、他人に注目し、自分の傷が他人にも見えます。だから、他の人はそんな傷の見える、共感してくれるNat-m(ネイチュミュア) さんになんでも話すことができます。無意識のうちに、相手にそういう印象を与えてしまうんですね。

余談ですが、Nat-m(ネイチュミュア) というのは、直感的に『信頼できる』という印象を他者に与えがちです。Nat-m(ネイチュミュア) さんはパーティーに行きたいようなタイプではなく、たとえ行ったとしても、一人の人とじっくり話している、そういうような人です。そしてホメオパスというのは、必ずどこかの時期でこのNat-m(ネイチュミュア) が必要であると感じるそうです。

Nat-m(ネイチュミュア) の妊娠ですが、妊娠中空腹感はあるものの食欲はありません便秘がちで、いきんでもでず、常に残便感があり、出たと思っても小さいウサギの糞のような便です。めまいがし、起き上がる時や歩行中に悪化します。消化不良で、げっぷや痛みを伴う胸焼けがします足の痛みがあり、打撲したような感じです

分娩の進行は遅いです。陣痛も弱く、分娩中母親は落ち込み、心を閉ざしつかれきって、何も頼みごとをしなくなります。周りにいる人にとってはとても意思疎通を図るのが難しくなります。

産後は重みをともなう疲労があります。これは夕方に悪化し、食後に一時的に好転します。通常夜の睡眠を妨げられることによる感情的・肉体的ストレスがあります。また出産後髪が抜けてしまう人にも良いレメディです。

Nat-m(ネイチュミュア) は私が使った中で、いろんな場面に効く本当に有能なレメディ です。
まぁ、それは私が岩塩体質であるからなんでしょうが^^;

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中です^^
共感していただける方ワンクリック、どうぞお願いします☆

 
Sepia Succus(シーピア/イカ墨)
以前『シイピアな私』という日記を書いてから、かなりこのレメディには親近感を持っていますが、多くの日本人のお母さんはこのレメディを必要としているのではないでしょうか???

今日も電車に乗っていて、子供の相手をするSep(シイピア)なお母さん、たくさん見ました。ヒゲまではチェックしてませんが。。。。

余談ですが、以前、ロンドンにスクーリングに行った時、仲良くなった方が「私昔はほんとSep(シイピア)だったけど、変わったわ~」とおっしゃっていたのを覚えています。そのお話をした時には、その方はとてもSep(シイピア)には見えないほど輝いていらっしゃったので。。。

さて、Sep(シイピア)の全般ですが、極度に冷えた状態です。これがSec(スケーリー)との違いでしたよね?あらゆる症状は、激しい運動、食後には一時的に好転します。すっぱい食べ物を求めます。一般的に調子が悪く、たるんだ外見で、自分もたるんだ感じがします。体は重く、まるで何かに下から引っ張られているような感じです。外見は、青白く、黄色い顔色で、目の下にくまがあり、肝斑があります。妊娠中は食欲不振で、食べ物全般を嫌悪します。特にミルクや肉を嫌います

感情としては、Puls(ポースティーラ)に近い側面があり、すぐ泣きます。しかし愛くるしいPuls(ポースティーラ)ちゃんとの違いは、、Sep(シイピア)なぐさめはいりません。むしろ、泣いている間はかみつくくらいの勢いです一人になりたいのですが、ひとりになることができないんですね、上の子供がいつもまとわりついてくるから・・・愛する人に対して無関心になりがちです。子供とかもうウンザリ・・・って感じですね。Sep(シイピア)疲れていて、ダルく、いつもイライラしています。

同じ怒っているレメディとして、Kali-cがありますが、エネルギーの像としては、Kali-cよりも細い感じです。

また余談ですが、、Sep(シイピア)は優しくすると泣いてしまいます。だから一人になりたいんですね。そして、怒ることによって涙を抑えているのです。

由井先生はよく、緑内障と涙の話をします。泣きたい時に泣かないと、泣けないと、行き場を失った涙のせいで眼圧があがり、緑内障になるそうです。西洋医学とは全く違う病態の考え方ですが、なるほどなあ!と思いませんか???

だから、泣きたい時は泣いたほうがいいんですよね。

話は戻りますが、だから、Sep(シイピア)の人は、同情的なホメオパスにかかると、相談会の時いつも泣いているそうです。よかったですよね、泣ける場所があって。

さて、妊娠ですが、腰痛があります。この腰痛は、疼いて、引きずるような痛みです妊娠中期の黒い出血、まるで下からひっぱられるような感覚があります。乳房の痛みがあります指の麻痺を伴う手根管症候群便秘(大きく硬い便、いきんでも出ません)、足の痙攣があります。

便秘のレメディとして、私もよく使うNat-m(ネイチュミュア)がありますが、Nat-m(ネイチュミュア)の場合はちっちゃくてウサギの糞のような便ですね。

突然くる疲労、起床時や発汗で悪化し、気絶するような、硬直するような、虚脱するような感じを伴います。

失禁があります。

不眠があり、午前三時ごろ目覚め、その後眠ることはできません

断続的な吐き気があり、胃が空っぽで沈んだような感覚を伴いますが、食事中のみ一時的に好転します。

分娩ですが、痛みが背中に来ます。大変苦痛で、激しく、分娩の進行は遅延するか停止します。完全に疲れ果ててあきらめてしまうこともあります。

産後ですが、産後のうつ、乳房の亀裂、疲労、抜け毛、子宮脱につかうことができます。乳房の亀裂は、非常に痛み、痒く、出血するまで悪化します。子宮脱も下から引っ張られるような感覚ですね。だから足を組んで座ると好転します。

Sep(シイピア)Gels(ジェルセミューム)と同じく、由井先生の36種基本レメディの本に載る、『大きな』レメディの一つです。

私的には多くの日本人のお母さんはこれを必要としていると確信しているのですが。。。。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中です^^
共感していただける方ワンクリック、どうぞお願いします☆




Secale Cornutum(スケイリー/麦角)
Sec(スケーリー)に関しては、以前のスクーリングで鴫原先生が一言、「胎盤剥離にいいレメディなのよ」とおっしゃったのみの知識でしたが(笑)今回Mirandaさんにいろいろ説明いただいて、ちょっと知識が増えたレメディの一つです。

MirandaさんもこのSec(スケーリー)を出産後に1回だけ与えるのが良いとおっしゃていました。胎盤の自然な娩出を助けてくれるのでしょうね。

さて・・・まず全般ですが、あらゆるタイプの発熱に効果を発揮します。そしてこの熱は、冷水浴や圧迫で好転します。レメディの像としてはSep(シイピア)と似ていますが、Sep(シイピア)はSec(スケーリー)と違って寒がりです。Sec(スケーリー)熱がりのレメディです。

感情的には、お母さんは分娩の間、一種の不安な無感覚にとらわれた状態になります。

妊娠初期の痛みのない出血に良いとされています。
出血の色は茶色か黒で、量は少量です。

分娩ですが、経産婦で多くの分娩を経験している人に良いです。
この点がSep(シイピア)と似ていますね。

出産後は、あらゆる力・筋力がなくなります。ですから、子宮脱が起こったりします。長く続く後陣痛小さいままの乳房に差すような痛みがあって、乳汁分泌が少ない時に良いレメディです。悪露は長く続き、こげ茶で少し臭い匂いがします。

また多産の母親の極端な虚弱や心配性にも使うことができます。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中です^^
共感していただける方ワンクリック、どうぞお願いします☆


ホメオパシーを学ぶなら

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

books

toys

SEO

ホメオパシーを使ってみたいなら?
  • SEOブログパーツ
seo great banner ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。