いらっしゃい

安全にこだわりを!

最近の記事

プロフィール

ignatia

Author:ignatia
どうも、こんにちは
当ブログにお越し頂きありがとうございます。

私は医学生の時にホメオパシーに興味を抱き、
好機を得て、ホメオパシーを学ぶ事が出来、ホメオパスにもなれたというちょっと変わった医者です。

元々は、小さい頃から医者になりたくてなりたくて、念願かなって医学部入学。
ERにあこがれて、救急救命医になるんだ!と思っていました。

しかし、大学に入学して、ちょっと変わった彼氏ができ、彼から、
気・波動・整体など
西洋医学とはちょっと違う方向のことや
DNAや量子物理学など、
万物の根源に関することを話され、
医学そのものより病気の本質・健康の本質に興味を持ち始めます。

そんな中、
個人的に参加したサイモントン療法で知り合った女性に

ホメオパシーというのがあるんだよ!
由井先生はすごいよ!

とのお言葉を頂き、学校説明会→即入学。

まだこの頃は横に広がる人生の一環で、とにかくたくさんいろんな事を知りたい時期でしたね。

現在は、CHhomの前身であるRAHを無事卒業し、
JPHMAの試験にも合格し、
2年後、HMAの試験にも合格。
無事ホメオパスの資格を得る事が出来ました。

本業の医学は無事大学を卒業し、現在は医者として働いています。

ホメオパシーに関しては、現在のところは自分と近しい人にしか使っておりませんが、
ご質問があれば、どしどしどうぞ^^

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆

最近のコメント

月別アーカイブ

*ホメオパシーと医学と私*
☆☆ひょんなことからホメオパシーと知り合うことになった新米医師!!!!!!☆☆レメディとの格闘の日々♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆Pituitary gland(ピチュイトゥリ・グランド/脳下垂体(腺))
pituitary gland

Pituitary glandすなわち脳下垂体には『前葉』と呼ばれる部分と、『後葉』と呼ばれる部分がありますが、このレメディは『後葉』から作られています。

なぜ、前葉ではないかというと、実際機能的には後葉の方が多くのホルモンを分泌します。したがって、レメディを作るにあたってもより機能の多い後葉を使用したと考えられます。

<基調>
好転:新鮮な空気。屋外。

悪化:閉め切った室内。熱。1日の終わり。

<精神>
夜になると不安が訪れます。黄昏時に悪化。

苦しみを伴う拷問のような思考。たとえばそれはエロチックな考えであったりします。
しかし彼らは性的に不能です(=Selen.)。

何度同じ行を読んでも理解する事ができません。

<身体的症状>
成長・発達の問題を抱えた人。
例)クレチン症、小人症、ダウン症、巨人症 など。

頭部のうっ血。
それによる集中力の欠如、錯乱、前頭部の充満感、めまい、頭痛、脳出血、前頭部から肩へ広がる拍動性の頭痛。

女性生殖器の問題。
周期の乱れ、生理痛、量は少なめ。

色素障害。
例)白斑(=Sep.Thuj.)

微弱陣痛。
子宮口は十分開いているのに陣痛が弱い人。

出産の後、流産の後の出血を止めます。

動悸。
ちょっとした動作でも起こります。
不整脈、狭心症、弁膜症、高血圧、

子供の遺尿。

*Pitu-ant(脳下垂体前葉)
PMS。性欲消失。生理前、生理中の自信喪失。不妊。卵巣腫瘍。生理によるにきび。乳汁欠如もしくは乳汁過多。乳房の痛み、過敏さ。失恋からの病気。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

☆Hypothalamus(ハイポサラマス/視床下部(腺))
hypothalamus

Hypoth.は哺乳類の『視床下部』という部分から作られているレメディです。

<基調>
悪化:寒さ

Hypoth.Puls.と似ている点が多いですが、Puls.は外気で好転ですので、ここはちょっと違いますね。

<精神>
これもPuls.に近い性質です。
穏やかで、人に好かれやすく、とても敏感です。
些細な事で泣いたり、気分が変わりやすく泣いたり笑ったりを交互に繰り返したり、すぐに落胆したりします。羊にたとえられるPuls.のように、あまり怒る事はありません。

常にアイデアでいっぱいです。
しかし、常に変化するので逆に分かりにくかったり、優柔不断だったり、たくさんのアイデアに疲れきったりしています。

<身体的症状>
ストレスの後の無月経。PMS(月経前症候群)。周期が不規則な月経。
経血はかたまりやすい傾向があります。

思春期のてんかん。
摂食障害。

男性のハゲ、とくに生え際の薄い人。

強烈な悲しみをともなう前頭部の頭痛。これは夜に悪化します。

不眠症もしくはナルコレプシー。

甲状腺の病気。

<ワンポイント>
Hypoth.を使うときにはPitu-glと一緒に使うと良いとされています。とても性質が似ているレメディです。

RAHで売られている脳サポートにはHypoth.が入っています。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

☆Arnica Montana(アーニカ/ウサギギク)
私にとってとても思いいれの深いレメディ。
初めてこのレメディで好転反応を経験しました。

よく36種キットの中でひとつだけ持つとしたら何がいい?と聞かれたときに、このArn.(アーニカ)を持っておくようにと由井先生がおっしゃっておられました。

Arn.(アーニカ)は最初、ドイツの修道院で使用され、16世紀頃から一般の人々の筋肉痛・リウマチ・痛風のクスリとして用いられてきました。山煙草とよばれ、山に育つ薬草で、きこりや山で働く人が筋肉痛を防ぐため、Arn.(アーニカ)のクスリを口に入れて噛んでいたそうです。

ホメオパシーでは主に怪我・事故のNo.1レメディです。頭を打ったらアーニカを!という合言葉があるくらい(笑)アーニカはキク科のレメディで傷の治癒の力があります。

また、私に効いたように(笑)Arn.(アーニカ)の人は大怪我をしていても「私は大丈夫だからほっといて。私に触らないで。」と人を寄せ付けません。傍から見たら大丈夫ではないのにね。

<作用する部位>
血管・血液

神経・柔らかい組織・筋肉・消化器・右側・左側

<基調>
悪化:触られる事・損傷(挫傷)

動かされる事、冷たい食べ物、眼精疲労、ショック、振動、陣痛、酷使、捻挫、睡眠後、老年期、アルコール、休息、ある部分を下にして長時間横たわる、湿気、寒冷、鼻をかむ

好転:頭を低く、大の字

横たわる、外気、冷水浴、皮膚を露出する、姿勢を変える、背筋を伸ばして座る

<精神>
「私は大丈夫!」と言って、他者からの接近を恐れます。全身がとても敏感なんですね。医者すらも追い返してしまいます。

頑固で、他人よりも自分が先へ、人より賢くならねばと思いとても頑張ります。重荷を自分で背負い続けているといってもよいでしょう。

毎朝ジョギングをする!と決めたら雨の日でも欠かさないような人です。

また、事故や怪我の夢をよく見て、びっくりして飛び起きる事がよくあります。事故後の悪夢にも良いレメディです。

地に足がついていない一面があります。

<全般>
体は冷たく、頭は厚いです。手足が冷たく、熱がこもっているような感じです。鼻は冷たいです。

神経質で痛みに耐えることができません。

おなら、げっぷなど分泌物は腐敗臭がします。
できもとやにきびは膿みやすくくさいです。
腐ったタマゴのにおいがします。

非常に赤いもしくは青白い顔、くぼんだ感じです。

<身体的症状>
怪我・事故のとき。事故後何年たっても作用してくれます。
自己や怪我の後の髄膜炎。

抜歯や出産、手術など出血を伴うとき。

子供がお腹をける痛み。

床ずれ。

しめつけられるような痛み。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆



☆Argentum Nitricum(アージ・ニット/硝酸銀)☆
パニックのNo.1レメディです。

恐れ、心配、焦りからきちんと物事ができません。

電車に乗れない、教室に入れない、試験が受けれない・・・・。
こういう人は益々妄想が膨らみやすい傾向があるんですね。

常に焦燥感があり、次から次へと色々考え、想像力も大きいので、建物が襲ってくる!とか、飛行機に乗れば落ちるのでは!と恐れがつきまといます。

OPEN MINDで、物事を受け入れやすい人ですが、同時にとても神経質、衝動的で、いつも忙しくしています。遅れるのが嫌なので、待ち合わせの場所にも異常に早く着いたりするのもこの人の特徴です。

また、飛び降り自殺のレメディです。
ほかに飛び降り自殺のレメディとして、Aur.Bell.がありますね。

<作用する部位>
精神・神経・粘膜(胃/腸/目)・左側

<基調>
悪化:恐怖・心配・不安な感情
狭いところ、高いところ、広すぎるところ、窓が無いところ、人ごみ、
試験、発表会、新しい場所や環境、甘いもの(多動と下痢)、暖かい部屋、右側を下にして横たわる、飲む、群衆、冷たい食べ物、アイスクリーム、飲食後

好転:圧迫・体を二つ折りにする・げっぷ・おなら・寒冷(外気)
早く歩く、動作、顔に風邪が吹き付ける、座る

冷たい空気を切望。
甘いもの、味の濃いものが大好き。

<精神>
神経質、衝動的で、いつも忙しい。
急いでいるけれど、時間の錯覚があります。

多くの恐怖特に、空想からの不安があります。
深刻な病気の妄想。

自己評価が低く人から無視されるのでは・・と恐れます。

<身体的症状>
体は温かい。
腹部膨満感があり、ブスブスおならがでたり、ゲップをしたりします。

結膜炎、眼精疲労、特に初期のそれらには良いレメディです。

青白くふやけた顔。

神経性の頭痛、頭がしめつけられるような頭痛があります。
この頭痛はしめつけられることで好転します。

手足に疲労、震え、特にパニック時におこり、狂うのではないかと不安になります。

慢性的なしわがれ声、歯肉も敏感です。

おなかがよわいので下痢しやすいです。

喉がいがいがしています。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆












☆Apis Mellifica(エイピス/蜜蜂)☆
蜜蜂のレメディです。雄蜂のエネルギーが含まれています。

<作用する部位>
目・顔・喉・卵巣
ぷよぷよしているところ、クウのところに水腫を作ります。

<基調>
悪化:熱(暖かい部屋、寝床) 接触 圧迫

好転:寒冷(冷たい空気)

<精神>
野望が多く、イライラしてせわしない、嫉妬心、心配性、不安、落ち着かない、せわしなさ、注意散漫

<全般>
体は温かく、独立心も強く、社会生活に合わせるのが難しい、不器用。
症状は16時~18時に悪化。牛乳への欲求が強い。


袋状に目が腫れて、結膜は真っ赤、まぶしがって涙が出る。


喉が渇いて、浮腫が強い。

喉の腫れ、扁桃の腫れ、水腫のレメディ。

腎臓
蛋白尿、おしっこがでにくい時。

皮膚
蜂さされのあと。ぷっくりと腫れた虫刺され。

焼けるような痛み、アトピーの痒み。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆


ホメオパシーを学ぶなら

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

books

toys

SEO

ホメオパシーを使ってみたいなら?
  • SEOブログパーツ
seo great banner ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。