いらっしゃい

安全にこだわりを!

最近の記事

プロフィール

ignatia

Author:ignatia
どうも、こんにちは
当ブログにお越し頂きありがとうございます。

私は医学生の時にホメオパシーに興味を抱き、
好機を得て、ホメオパシーを学ぶ事が出来、ホメオパスにもなれたというちょっと変わった医者です。

元々は、小さい頃から医者になりたくてなりたくて、念願かなって医学部入学。
ERにあこがれて、救急救命医になるんだ!と思っていました。

しかし、大学に入学して、ちょっと変わった彼氏ができ、彼から、
気・波動・整体など
西洋医学とはちょっと違う方向のことや
DNAや量子物理学など、
万物の根源に関することを話され、
医学そのものより病気の本質・健康の本質に興味を持ち始めます。

そんな中、
個人的に参加したサイモントン療法で知り合った女性に

ホメオパシーというのがあるんだよ!
由井先生はすごいよ!

とのお言葉を頂き、学校説明会→即入学。

まだこの頃は横に広がる人生の一環で、とにかくたくさんいろんな事を知りたい時期でしたね。

現在は、CHhomの前身であるRAHを無事卒業し、
JPHMAの試験にも合格し、
2年後、HMAの試験にも合格。
無事ホメオパスの資格を得る事が出来ました。

本業の医学は無事大学を卒業し、現在は医者として働いています。

ホメオパシーに関しては、現在のところは自分と近しい人にしか使っておりませんが、
ご質問があれば、どしどしどうぞ^^

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆

最近のコメント

月別アーカイブ

*ホメオパシーと医学と私*
☆☆ひょんなことからホメオパシーと知り合うことになった新米医師!!!!!!☆☆レメディとの格闘の日々♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆新しいワクチンの登場☆
相変わらず国家試験に向けて勉強に明け暮れる日々ですが、今日新しいトピックが飛び込んできたので、ちょっとご紹介しようと思います。

きっとホメオパスの方が読まれたら「ぎょっ!」とされると思います。

日本ではまだまだ認可されていませんが、ヨーロッパの方では『ヒトパピローマウイルス』に対する新しいワクチンが開発されているそうです。

ワクチンといえば。。。。。
先日、RAHの講義の中で『シナジーワクチン』というものが出てきて、由井先生が「なんだよこれ?誰か知ってる人いないの~???」と叫んでおられましたが、そのときは、私も知りませんでした。家に帰って早速調べたところ、子供の急性細気管支炎を引き起こす、RSウイルスに対するワクチンのことでした。

幸い?全員接種せねばならないという規則はなく、心臓の悪い子や、低出生体重の子など、ちょっと感染症に弱いかな~という子に使われています。(そういえば私も外来で見ました。。。。)

ホメオパシー的に解釈すれば、弱い子にワクチンを打ったらますます弱くなるので、きっと良くないんだろうな~と思いながら見ていたのを覚えています。

ホメオパシーの中のワクチンの捕らえ方は、話し出すとまた長いので、機会を改めてお話したいと思いますが、由井先生的にいえば、ワクチンとは「自分じゃないものを自分に打って、自分と同一化させちゃうんだよ~?!それが異物と認識できないんだ!半病人だよ!」というものです。(よく分からないですよね。。。^^;)

とにかくホメオパシーの中でのワクチンとは、病気を予防するものではなく、病気を作り出すもの、それも、簡単なものではなく、とっても深い、危険な病気を作り出すものだとされています。

というわけで、授業でもよく「ワクチンなんか絶対に打ってはならない。もし打っているならばその害を取り除かねばならない。」という話を聞くわけで、ワクチンがいかに危険かをRAHでは教わります。

さて話は戻りますが、ヒトパピローマウイルスに対するワクチン。

ヒトパピローマウイルスとは『子宮頸がん』を引き起こすウイルスとして、西洋医学ではコンセンサスが得られています。

性行為によってうつるので、一般には性交渉を持った男性の数が多い人ほどこのウイルスに感染する危険が大きくなり、その分子宮頸がんになりやすいといわれています。(平均3.7人以上で癌になるリスクが何倍になる。。。たら習いました)

そこで、世の科学者?が考えたことは、このパピローマウイルスに対するワクチンを作れば、癌を防げるのではないか???という事です。

通常の癌(胃がんとか、大腸がんとか・・・)は、なぜおこるのか?という要因がはっきりしないために、予防が困難とされていますが、子宮頸がんの場合は、このヒトパピローマウイルスが多分に悪さをしているということが判明しているので、西洋医学はここに目をつけたわけですね。

実際、子宮癌というものは結構恐ろしいもので、ちょっと進んだだけでも子宮をまるごととっぱらって、しかも卵巣までとっぱらって、骨盤の中の臓器を丸ごととってしまわないといけないという、女性にとっては悪魔のような病気です。

また、外科手術が出来るくらいならまだよいのですが(ホメオパシー的にはよくないですよ)、手術ができず、化学療法しか治療方法がない例も多々あります。

だから、ワクチンを打つくらいで(実際には『くらい』という安易なものでもないですが)癌が予防できるなら・・・・一見、非常にすばらしい試みのように見えますが、どうでしょう???

由井先生が以前「もうどうすんの???こんなに新しいワクチンがいろいろ開発されちゃったら追いつかないよ?」とお話されていたのが思い出されてなりません。

この西洋医学の試みにホメオパシーはどのような対処ができるのでしょうか???



ホメオパシーを学ぶなら

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

books

toys

SEO

ホメオパシーを使ってみたいなら?
  • SEOブログパーツ
seo great banner ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。