いらっしゃい

安全にこだわりを!

最近の記事

プロフィール

ignatia

Author:ignatia
どうも、こんにちは
当ブログにお越し頂きありがとうございます。

私は医学生の時にホメオパシーに興味を抱き、
好機を得て、ホメオパシーを学ぶ事が出来、ホメオパスにもなれたというちょっと変わった医者です。

元々は、小さい頃から医者になりたくてなりたくて、念願かなって医学部入学。
ERにあこがれて、救急救命医になるんだ!と思っていました。

しかし、大学に入学して、ちょっと変わった彼氏ができ、彼から、
気・波動・整体など
西洋医学とはちょっと違う方向のことや
DNAや量子物理学など、
万物の根源に関することを話され、
医学そのものより病気の本質・健康の本質に興味を持ち始めます。

そんな中、
個人的に参加したサイモントン療法で知り合った女性に

ホメオパシーというのがあるんだよ!
由井先生はすごいよ!

とのお言葉を頂き、学校説明会→即入学。

まだこの頃は横に広がる人生の一環で、とにかくたくさんいろんな事を知りたい時期でしたね。

現在は、CHhomの前身であるRAHを無事卒業し、
JPHMAの試験にも合格し、
2年後、HMAの試験にも合格。
無事ホメオパスの資格を得る事が出来ました。

本業の医学は無事大学を卒業し、現在は医者として働いています。

ホメオパシーに関しては、現在のところは自分と近しい人にしか使っておりませんが、
ご質問があれば、どしどしどうぞ^^

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆

最近のコメント

月別アーカイブ

*ホメオパシーと医学と私*
☆☆ひょんなことからホメオパシーと知り合うことになった新米医師!!!!!!☆☆レメディとの格闘の日々♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆Strontium Carbonicum(ストロンチューム・カーブ/炭酸ストロンチウム)
Stron-c(ストロンチューム・カーブ)の原物質である炭酸ストロンチウムはスコットランドで発見されました。自然界では、Calc-sやCalc-cと同じ仲間に入ります。やわらかく、電気をよく通す鉱物です。

ストロンチウムはチェルノブイリの原発事故で問題になった物質ですが、これは体内でカルシウムと入れ替わり、カルシウムを体外に排泄します。これによって、骨髄炎や白血病をもたらします。

私達の生活の中では、コンピューターやテレビのモニター、砂糖の精製、また骨の癌の治療、炎症の治療などに用いられています。

また人工乳の中には母乳の4倍ものストロンチウムが含まれているといわれていますが、これによって赤ちゃんの免疫力の低下、腎臓の問題を引き起こします。

高齢者の体内に蓄積、特に肺に蓄積します。それによって、リウマチ、血液疾患になるといわれています。

ホメオパシー的には、歩くことで悪化する頭痛、うっ血、胸の圧迫、呼吸困難、更年期障害、甲状腺の問題でカルシウムのたまりやすい状態、手術の後、出血、冷たさ、外科手術、ショック状態の時などに使われます。

<作用する部位>
骨・心・腎臓・足首
骨の問題炎症の問題

<基調>
悪化:冷え、覆わないこと、力を使うこと(起き上がるだけで!)、天候の変化、午前2時、3時

好転:熱、光、(太陽)、温かい湯

食べ物はあまり欲しがりませんが・・・

欲求:パンとビール
嫌悪:肉

<精神>
忘れっぽいうつ状態、突然怒り出す、怪我をさせられそうだという妄想から邪魔なものは殴ります。自己中心的ですが仲間は欲しく、信頼は裏切ることが出来ません。他者のサポートに依存しがちです。
すべての人が自分を見ている、自分は観察されているという妄想がありますが、自分のアイデアや自分自身に自信がなく見下されていると感じます。なすすべがありません。

自分の判断に自信がないために秘密主義になりがちで、自分は何者?という思いが常にあります。他人の考えに圧倒されて何もできず、自分のアイデアを形にすることができません。

相手に依存して意のまま、いわゆるシンデレラシンドロームです。

しかし自分の考えに固執して動かない反面もあります。

他者に勝つための頑固さではありません。

時にそれによってばかげた振る舞いをすることもあります。そして真の考えを見つめることが出来なくなります。

<全般>
体はすごく冷えていて冷たさに敏感ですが頭や胸にうっ血があります。
汗は夜に多いです。胸部に圧迫感があり胸の上に重い石があるような感覚があります。血圧が高く、大動脈弁閉鎖症や動脈硬化があるかもしれません。


あるところに徐々に痛みが出てきて徐々に消えていきます。
痛みが移動するのは早いです。

大腿骨のトラブルにも良いでしょう。

子供
腺病質の子供、下痢ばっかりしてて骨の痛みのある子


首の緊張→頭に移動:太陽の光、熱、覆うことで好転
どくどくするような痛みがありめまいと吐き気を伴う
上あごの痛み、眉の辺りの痛み、頭の中を内側から拡張されている感じ


赤く卒中を起こして倒れる

四肢
足首の捻挫、腫れは引かない
慢性的な捻挫、蟻走感、麻痺をしているような衰弱
やせて細くなった四肢
大きな関節・肩のリウマチ

体は硬い

腹部
切迫した硬い便意
便は大きく肛門に激痛が走る
お腹は晴れ上がっています
きりきり刺すような下痢
お尻から黄色い分泌物
症状は夜に悪化 朝に好転
排便の後肛門の灼熱感がある

背部
腰と背中に骨折のような激痛
癌の末期のような痛みにも良い

胸部
圧迫感
狭心症のような症状


手術後の灼熱感
物が真っ赤に見える
色が変化する


骨の引き裂くような痛み


歯が締め付けられた感じ
目が覚めたとき口の中がしびれている


片方に収縮感
鼻くそかと思ってほじると血のかさぶたがあり出血する


狭まった感じ

泌尿器
尿はアンモニアの強いにおいで少量


眠ると体がびくっとして夜中の空せきで目がさめる
ホラーの夢を見る

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆



☆Radium Bromatum(レジューム・ブロム/臭化ラジウム)
ラジウム自体が新しい物質(1800年代に発見)で、あまりプルービングは進んでいません。
何の治療にでも使っていた時代(1920年代)があり、実際には1904年より治療に使われ始め、癌、甲状腺、難聴の治療などに使われていました。

しかしその後、脳、のどの癌のリスクが高いという研究結果により治療に使われることはなくなりました。

皮膚の潰瘍、リウマチ、痛風、その他の潰瘍、放射線による皮膚炎に良いレメディです。

<作用する部位>
皮膚、神経、リンパ管、骨(腰椎・仙椎)

<基調>
悪化:動くこと・横になった時の寝床の暖かさ
好転:外気

欲求:豚肉・すっぱいもの
嫌悪:アイスクリーム

<精神>
不安・憂鬱・人と一緒にいたい
一人になることや暗闇が怖い
すぐいらいらして怒りっぽい
火の夢、おしっこの夢を見る
ジョークを言う時と皮肉っぽいときが交互にある

<全般>
乾燥した発熱
体の内部が非常に冷えていて歯がガチガチいう

冷たい空気を切望
痛みはあり電撃的で動けない

関節の深くにうずくような痛みがありじっとしていられない
かといって動けないこともある

痛みは突然現れ持続してゆっくり消える

膝の骨が出てきたような感覚がある


右目の上の深刻な痛みがあり後頭部、頭頂へ広がる
めまいを伴う

腰痛とともにある片側の三叉神経痛
急激で突然


母斑や潰瘍がある可能性


読書で悪化
さすように痛い


耳の中でごーごー音がする
うつ伏せで聞こえなくなる


のどが渇く
口も渇く
胡椒を食べたようなひりひり感がある
頭蓋骨が小さすぎる感じ
口の中の異物感

背中
仙骨の痛みがあり階段を上がると悪化

手足
関節、くるぶしの奥が痛い
肩、うで、手、指に鋭い痛み
うで、足が重い
つま先の激痛


ぱきっと音を鳴らせる

放射線撮影の後のこういう症状に最適。

腹部
便秘と下痢が交互に起こる
肛門が痒い
脱肛があるかもしれない
仙痛
食べている最中の下痢

胸部
痙攣するような咳があり止らない
横になると悪化 歩くと好転
目が覚めると動き血圧が低下する
胸が締め付けられる感じ
お腹の仙痛と交互に起こったりする

皮膚
ひりひりする灼熱感
小さな吹き出物
かくと水が出てくる
顔・性器の周辺
あったかいお湯で好転
乾燥したうろこ状の発疹

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆


☆何も言わない男性のクライアントさん☆
何も言わない男性のクライアントさん

堀田先生の授業でのこと・・・

「普通男性はあまりべらべら喋らないですよね。でも何も話してくれない男性のクライアントさんにthuj(スーヤ)サポートK-Tを摂ってもらうと、割とニコニコして話してくれるんですよね。」

ちょっと頑固なお父さんに使うと良いのでしょうかね???
私も前の彼にこれをあげてからレメディをあげればよかったと思いました^^;

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆

☆Hydrastis Canadensis(ハイドラスティス/ヒドラスティス)☆
Hydr(ハイドラスティス) は、サポートK-T、サポートハイシュに入っているレメディです。

Hydr(ハイドラスティス) の原物質であるヒドラスティスはキンポウゲ科の植物です。
他にキンポウゲ科の植物として Acon(アコナイト) や Ran-b(ラナキュランス・ブルボーサス) がありますが、いずれも植物ですが鉱物のような薬効があります。
背丈は20~35cm程度、外見はラズベリーのようです。
ネイティブアメリカンはその昔、魂が抜けかけた時に身体に魂が戻るように使用したと言われています。

衰弱した人、食欲の問題のある人、目およびのどの炎症、淋病、膀胱炎に使われます。
浄血目的、また水虫に対してエキセネアとともにチンキで使われます。
がんの排泄にも良いレメディです。

肝機能障害のある人、便秘がありますが便意がない。
消化の停滞がある人、疲れている高齢者の人、疲れてやつれている人に良いレメディです。

停滞感があり、唇の癌、皮膚がん、乳がん、子宮ガンのある人に使われます。

Hydr(ハイドラスティス) の人の顔は黄色い、落ち窪んだ感じがします。口からねばねばした粘液がでて、肝炎のために黄疸があります。

<作用する部位>
粘膜・胃・子宮・肝臓

<基調>
悪化:冷たい空気・乾燥した空気・ちょっとした出血・パン・野菜

好転:あたたかい・圧迫・休息

パンとバターが嫌いだし、好き。

<精神>
物忘れが激しく、今何を話していたか覚えていません。
それで怒って、物を投げます。

気難しくて落ち込んでいるのかと思えばとても爽やかという人もいます。

脳の刺激薬として使われ、これを使っているとだんだんと表現できるようになってきます。

うんざりするような夢を見て、目覚めは悪く、朝起きるのがつらいです。

<全般>
粘液は黄色く、濃く、糸を引いています。量は大変多く、固まりやすい
です。鼻、肺、大腸、膣のカタルがあります。放射線マヤズムが無い頃はコレがbestの治療でした。今は前がん状態に良いレメディです。癌を作らないためのレメディとして用いられます。

癌の特徴ですが、
胃がん:なんでもかんでも吐いてしまうがミルクは大丈夫
乳がん:乳首は割れて潰瘍 切られるような痛み
子宮ガン:黄色いおりもの 赤く性器がただれてかゆい
といった症状がありますが、前がん状態の時にはこういう状態で検査に行っても癌そのものはまだ検出されません。

しかし、この時が最も作用しやすい時期なのです。

脳に働いて頭をすっきりさせてくれます。
脳の表面の神経痛。
便秘とともに前頭部の鈍い痛みがあります。


粘液が多量
副鼻腔炎
左目の上の頭痛
鼻づまりがありあたたかい部屋で悪化
ねっとりした感じの鼻水


つねに飲み込む動作
のどは渇いて咳払いで黄色の痰

べろは黄色で歯型がついている
舌先の小泡
口の中の苦い味
べろは腫れたぶよぶよした感じ


耳管が詰まった感じ
耳閉感
ねっとりした分泌物


ねっとりした黄色い分泌物で目があかない
涙がでやすい
目・灼熱感

腹部
便秘
消化不良で停滞感がある
食べたくない
(妊娠中下剤をよく使っていた)
ウンチが出ても粘液混じり
べたーっとした感じ

胃の衰弱感
ミルクは飲めるがそれ以外は無理
げっぷですっぱいものがあがってくる

結核を抑圧した人にこの状態が多い


右のわき腹の下から肩甲骨にかけて響く痛み
仰向け、右下で悪化


進行した衰弱による
失神を伴う

胸部
右肺
ぴりぴりした燃えるような感じ
女性の乳房 ひび割れてひりひりした感じ
くしゃみで痛くなる
ナイフで刺されたような痛みがある

寒気と交互に発熱
大量の発汗
朝、夜に強い

腰に鈍い痛み
いすから立ち上がるのに持ち上げる
首の後ろのひりひり感がある
手に広がってずきずきする
夜中寝てても起きてしまうくらい

手足
ダルイ
右から左に移動する痛み
リウマチ性
右の股関節の痛み→膝に移動(歩くと悪化)
足に力が入らない

腎臓
腎の辺りが重く痛い
尿は粘液混じり
くさったようなにおいがする

皮膚
天然痘様の発疹
熱くて痒い
ひっかくと悪化

昔は天然痘の特効薬として使った。

肌に汗(黄色い汗)をかきます。

腫瘍は潰瘍になり残ります。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆






☆Conium(コナイアム.毒ニンジン)☆
Con(コナイアム) は尼さんのレメディです。

Sexに対する感覚にアンバランスがあります。
性欲を抑えることでの病気あるいはSexのしすぎでの病気があります。

原物質は毒ニンジンで、マヒをもたらします。
下から上へあがる麻痺ですが、最後まで意識があるために、遺言を伝えることが可能です。

ユダヤのハムラビの刑で痛みを麻痺させるために用いました。

またソクラテスがアテネで敵対勢力から告発を受けて死刑になりますが、その死刑の時に使われたのがこれです。

余談ですが、ソクラテスは遺言として
「アスクレピオスにオンドリを一羽お供えしなければならなかった。
その責をよろしく頼む。」
という言葉を残しています。

*アスクレピオスとは病気の神のこと。

グラン・ジョージはこの遺言に関して興味深い考察をしています。
コナイアムとは神とともにある人・神の言葉を預かる人・預言者という意味、オンドリは預言者の象徴ですが、ラテン語でハーネマンという意味があります。すなわち、ソクラテスはハーネマンの存在を予言したのではないでしょうか。

さて、Con(コナイアム) ですが、朝は衰弱が強く、腺の肥大、体の周りがベルトで締め付けられているような感覚(そういう頭痛)があります。
高齢者、結婚しているが子供はいない女性にも最適です。
体は硬く、女性の場合生理の量は多くなく、マスターベーションで衰弱します。

動いているものを見て悪化するめまい、横を見ると生じるめまいにも良いです。

コーヒーなどのすっぱい食べ物が好きです。

<作用する部位>
神経・筋・腺(乳腺・卵巣)・生殖器・呼吸器・右側

<最適な疾患>
多発性硬化症・ジフテリア(上に移動する麻痺)
動脈硬化
更年期、ホルモン変調の問題(生理の問題・不妊)


<基調>
悪化:動作のはじめ・患部をこする・ミルク・ワイン

好転:連続した動作・患部を押す

<精神>
冷静に見えるが無感情。一人が好きで、客観的で、引いた感じ。人生を重く考え、鉄の壁をしいている。過去のトラウマがある。自分の今の人生に慣れていて、まあまあOKかなという感じを持っている。

Con(コナイアム) の人は相談会でも今の自分の問題が分かりません。
受身で積極的ではなく、自分が麻痺している状態すらわかりません。
素直ではありません。

語るときは、過去のことを意味ありげに語り、力が入ります。
それでもそんなに問題ははっきりしません。

だんだんと心を閉ざして孤独になります。人生の整理を始めているといっても良いでしょう。

Con(コナイアム) でよくなる人はまだ死にたくない気持ちがある。

黒い色を好む。

自分の女性性、男性性の否定=人間性の否定
癌にならざるを得ない状況。

<全般>
のどに塊がある感じ。いつも飲み込んでいて、言いたいことがいえません。人生につかれきっています。頭を使い続けることが出来ず、弱っています。(読んでいても内容が分かりません)社会を嫌うが一人になるのは嫌。定期的に狂気に陥る。状況は刻々と変化。自分の周りのすべての物に不満足。


打撲(特に乳房)
やわらかい部分の損傷


頭部の怪我
後頭部のしびれ
頭蓋骨の下の異物
頭の右側のしこり
頭痛自体は吐き気を伴う頭痛感

更年期
めまいが中心
Lach(ラカシス)のような首の問題がある
寝るとダーっと汗をかく(これはLach(ラカシス)には無い)
hot flashがある


瞼が下がる
眼瞼麻痺
赤い、燃えるような感じ
めまいとともに黒い斑点
いらいらすると視界がぼやける


耳垢がたまりすぎて耳が聞こえない
赤い、血の色?

四肢
脇の下のリンパの腫れ、重く、疲れる
目を開けて歩くとおぼつかない
膝が鳴る、膝の硬化

ちなみに膝の硬化には父と母の問題が関係あります。

くるぶしが痛く、歩いている途中にガクーンと力が抜けた感じ。

尾骨をぶつけた後調子が悪い。

ふくらはぎ、うなじが冷たい。

うとうと昼に眠くて、起きていられない。

睡眠中にびくっと手足が動く。

背部
背骨の問題
背中の真ん中のできもの
腺の硬化
椎骨に沿っての肥大
疣ができやすい

胸部
運動ですごい息切れ
胸が締め付けられる感じ
咳・のどの奥のくすぐったい感じで横になると悪化
寝ているといつも咳をし続ける
痰があんまり出せない

腹部
張ってる感じ
骨盤内の問題
すごい便秘もしくは下痢
ウンチのあとの失神する感じ

直腸の辺りの冷たさ、暑さ
ウンチで震える

おしっこは出にくい
前立腺の問題(おしっこの出始め)
おしっこした後の切られる感じ、熱い感じ。


のど、ボールが上がってきたような感じ
食べ物がそこで詰まる
食道の麻痺

歯の痛み、冷たい食べ物で悪化
アイスクリームはだめ、冷たい水はOK

べろの麻痺
うまく喋ることができない


鼻血、嗅覚は鋭い
でも鼻をほじりたい

皮膚
打撲でその部分が硬くなる
古傷

体に力を入れると蕁麻疹がでる

光り輝くものまぶしいものが嫌い。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆




☆Carbo Animalis(カーボ・アン/獣炭)☆
Carb-an(カーボ・アン) は動物の化石から作られたレメディです。
雄の牛の皮を炭になるまで、火が見えなくなるくらいまで焼き尽くして作ります。牛には、情け深い・平穏・強いという意味外がありレメディのテーマにも関係しています。

また Carb-an(カーボ・アン) は食品の色素として使われていたこともあるそうです。

成分としては Calc-p(カルク・フォス) が多いようです。

高温でいろいろな元素と化合します。

さて、Carb-an(カーボ・アン) の人の外見ですが、衰弱した状態で、皮膚は青っぽく、Sphylitic(梅毒マヤズム的)です。

重い、深い病気に罹っていて、体液の喪失から生命力は低下しています。お乳をあげているお母さんや癌にかかった人に良いレメディです。

全体的に体は冷たく、風邪をひきやすく、足首をくじきやすいです。物を持ち上げようとすると腰を痛めたり、腐敗した食べ物を食べたりします。

<作用する部位>
腺・静脈・栄養吸収に関わる器官です。

<基調>
悪化:ささいなこと、ちょっとした疲れなど、「なんでそんなことで悪くなるの?」というようなこと・脂っこい食べ物・牛乳・寝起き・布団の中で夜寝ていて

<精神>
一人になりたがる、会話を避ける、怖がったり、すすり泣いたりする
ノスタルジック

過去をしきりと振り返りたがる老人、ホームシック、過去から逸脱した感情

今自分はどこにいるのかわからなくなる
家族、家庭の結びつきではなく、日課や習慣に対する懐かしみ、

慣れることができなくて、ただただ昔に戻りたい、自己保存、変化を受け入れることが出来ない→停滞、人生において不完全燃焼、年老いて死ぬことへの抵抗、自分の頑固な習慣に固執

<全般>
何事も悪性になる傾向(癌・結核・梅毒・マラリア・内分泌疾患など)
分泌物は臭く、黄色だったり、茶色だったりします。
下着にしみが出来ます。

仮面様顔貌、がんの末期の痛み、深い潰瘍にもいいです。

出血、発汗で衰弱します。
この点では、China(キナ)にも同じことが言えます。

体の中を無虫が這い回っている感覚。
ある部分がぐらぐらゆるむ感覚。


とにかく硬くなる、粘液を伴う硬化、腫れ上がる、かつ腫れたところは殴られたような痛みがある

熱が出て腫れて硬くなり、燃えるような熱い感覚が残っています。
プロセスは比較的ゆっくり起こります。


銅色の発疹 ケロイドはなかなか直りません
手足のしもやけ そけいリンパの腫れ

腹部
膨満感、腫れ上がっていておならで好転。
左側の疾患、腫れて硬い。
開腹手術後。

あまり食べたくなく、食べると疲れます。
しかし胃の中が空っぽな感じがします。

お尻に湿気があり、水がしみでています。
十二指腸の寄生虫の治療。

手足
歩くときに足首が内側へ入る、いわゆるX脚で足首をくじきやすい。

尾骨の痛み、打たれるような痛みで、さわると灼熱感がある。
歩いたり立ったり横になっても痛む。
そけい部の問題がある。

寒さが大嫌いで、胸・上腹部に寒さを感じる。
夜寝ていて汗をかく→シーツは黄色でくさくなるような汗


頭の中がぐらぐらする感じ、ゆれている感じ→咳・動きで悪化
そもそも頭にうっ血があり、粉々になるような感じがある
そのため両手で押さえざるを得ない→食べることで悪化
上を見ることができない。


右の目・眼窩の中に突き抜けるような痛み。
遠視傾向。


聞こえている音がどこから聞こえているか分からない。
鼻をかむと耳がリンリン鳴る。
幻聴がある。
血混じりの耳垂れ、乳様突起が腫れる。


青白く、にきびが多いこともある。

胸部
公共の場所(教会など)で動悸。
胸部痛(胸膜炎様)。
緑色のねばねばした痰、茶色のシロップのような痰。
目を閉じると窒息感がある。

ちなみに、教会で失神するのは Sep(シイピア) があります。


塩辛い、すっぱい味がする。
舌はゴツゴツと硬い、食べているときにかみそうになる。
冷たさで悪化、塩辛い食べ物で好転。


鼻の上のシミ。

Sep(シイピア) も鼻の上に黄土色のシミがあります。
の場合は下に押し出されるような感じがあり、食べても食べてもよくならない胃の空虚感があります。
ただし、『悪性』という点で異なります。

鼻の先の青いにきび、鼻がつまって匂いがしない。
鼻声、あくびやくしゃみが多い。

女性
予定より生理が早く来て長引きます。
黒っぽい出血で、午前のみでます。
極端な衰弱で話すことも出来ません。

つわりで悪化、特に夜。

オロは臭くて長引きます。
膣は妊娠で灼熱感、水っぽい湿っぽい感じがします。
子宮口は硬いです。

末期の乳がん、かたくて結節状で突き刺されるような痛みがあります。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆



テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

☆足首の弱さに用いるレメディ☆
足首の弱さに用いるレメディ

Ruta

Nat-c

Calc-c

Calc-p

Sil

Stron


(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆
☆本当に健康ですか?☆
先日堀田先生の講義で頭に残った一言があります。

「みんなね~、健康って思ってるんですよね。でもそれが間違い。朝起きたときにちょっとだるかったり、ちょっと頭が痛かったり、いつもきょろきょろするクセがあったり、不安だったり・・・・それって健康じゃないんですよね。」

私はいつも元気ではありますが、これを聞くと、健康からはほど遠い。

真の健康に近づけるように、まずはいろいろレメディとっています。

もちろん、レメディだけじゃないんですけどね、必要なことは。

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆
☆マヤズムとは?☆
今日は『マヤズム』のお話をしようと思います。

私が始めてこの『マヤズム』という言葉を聴いたとき、「はて?呪いの言葉?」と感じたように(笑)日本にはない妙な響きですし、マヤズムの説明を始めて由井先生から受けたとき、ホメオパシーが星の彼方にあるように難しく感じられたほどです。

今でこそちょっと分かってきたかな~という感じですが、当初はこのマヤズムでホメオパシーの勉強をやめようと思ったくらい、さっぱりでした。

さて、そのマヤズムですが、一言で言えば、
『病気を作り出す土壌』のことです。

はっきり言ってこの基本概念だけ理解していればとりあえずOKな気がします(笑)

われらが由井先生は、ロンドンでホメオパシーの学校に通っているとき、「マヤズムとは何か?」と問うたのに対して、「それはそこにあるものだ!」という答えが返ってきたといいますが、まさしくそのとおり、それは私達の中にあるものなのです。

マヤズムというのは不自然なパターンが遺伝子レベルで固定化されたものだと由井先生はおっしゃいます。

代表的なマヤズムのひとつ疥癬で例をあげて説明してみましょう。

疥癬はダニの一種です。人に感染して強いかゆみをもたらします。大昔、ヒトはこの疥癬を体から追い出すことができなかったために、そのパターンが残り、子孫に代々この疥癬を受け継いできました。これが疥癬マヤズムの形成ですね。

話は戻りますが、ではどうしてこのダニを体から追い出すことができなかったか?
由井先生は、『人間が欲を持ちはじめたのが最初の原因かもしれない』とおっしゃっています。死への恐怖、生存への執着がバイタルフォースを弱め、その不自然なパターンと疥癬ダニが共鳴する体ができ、ダニとヒトが一体化できるようになったのだと言われています。

一見奇妙な説明に思われるかもしれませんが、生物学の世界では至極納得のいく理論です。というのも、私達の細胞にはミトコンドリアという細胞小器官がありますが、ミトコンドリアは独自のDNAを持っており、大昔、いつの時代かに私達の中に入り込み一体化したと考えられています。

疥癬マヤズムを持つ(あるいは特出している)人にはある種の傾向があり皮膚症状(アトピーなど)を持ち、手足が冷たく、汚らしく、体力がなく、たくさん食べ、病気や死に対する恐怖を持っています。このマヤズムに対するレメディとしてはSulp(ソーファ)が考えられますね。

別の側面から見れば、コレは一種のカルマといえるかもしれません。余談ですが、私の家系には結核にかかった人が大勢居ます。これは、結核マヤズムを土壌にもっているからと考えることができます。

現在5つのマヤズム(疥癬・淋病・梅毒・結核・癌)が確立しています。私達人間は、これらのマヤズムをもちろんすべて持っているのですが、どれが特出しているかということによって、違いが生まれます。

マヤズムはバイタルフォースの回転エネルギーを利用して、独立した渦を形成していると考えられており、そのため、バイタルフォースのエネルギーが弱められ、本来の回転力が弱められ、病気にかかりやすくなります。(バイタルフォースについてご存じない方は、かならずバイタルフォースとは?を参照してください。)

普段はマヤズムは首をもたげて眠っていますが、エキサイティングコーズ、すなわち、各マヤズムから派生する不自然なパターンと同じパターンを有する要因と共鳴したとき、激しい症状を起こしやすくなり、そこから病気の芽が起こってきます。

よくホメオパシーで激烈な好転反応が起きたり、ホメオパシーでなくても激烈な症状を起こしているときは、このマヤズムが目を覚まして暴れまわっていると考えてもよいでしょう。

逆に、複雑な病気、たとえば、自己免疫疾患や癌、内分泌に関する病気はこのマヤズムに関係していると考えられており、これらを治療できるためにホメオパシーではこれらの病気にかかった方々を助けることができるとも言われています。

いずれにせよ、このマヤズムという概念はホメオパシーにおいてとても重要です。

今回は例を挙げて疥癬マヤズムだけ簡単に説明しましたが、その他のマヤズムに関しても基本概念、そして成り立ちは同じです。

すべて「病気を作る床」であり「不自然なパターンが私達の体に遺伝子レベルで組み込まれたものであり、子孫代々受け継がれる」ものなのです。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中です^^
共感していただける方ワンクリック、どうぞお願いします☆





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


ホメオパシーを学ぶなら

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

books

toys

SEO

ホメオパシーを使ってみたいなら?
  • SEOブログパーツ
seo great banner ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。