いらっしゃい

安全にこだわりを!

最近の記事

プロフィール

ignatia

Author:ignatia
どうも、こんにちは
当ブログにお越し頂きありがとうございます。

私は医学生の時にホメオパシーに興味を抱き、
好機を得て、ホメオパシーを学ぶ事が出来、ホメオパスにもなれたというちょっと変わった医者です。

元々は、小さい頃から医者になりたくてなりたくて、念願かなって医学部入学。
ERにあこがれて、救急救命医になるんだ!と思っていました。

しかし、大学に入学して、ちょっと変わった彼氏ができ、彼から、
気・波動・整体など
西洋医学とはちょっと違う方向のことや
DNAや量子物理学など、
万物の根源に関することを話され、
医学そのものより病気の本質・健康の本質に興味を持ち始めます。

そんな中、
個人的に参加したサイモントン療法で知り合った女性に

ホメオパシーというのがあるんだよ!
由井先生はすごいよ!

とのお言葉を頂き、学校説明会→即入学。

まだこの頃は横に広がる人生の一環で、とにかくたくさんいろんな事を知りたい時期でしたね。

現在は、CHhomの前身であるRAHを無事卒業し、
JPHMAの試験にも合格し、
2年後、HMAの試験にも合格。
無事ホメオパスの資格を得る事が出来ました。

本業の医学は無事大学を卒業し、現在は医者として働いています。

ホメオパシーに関しては、現在のところは自分と近しい人にしか使っておりませんが、
ご質問があれば、どしどしどうぞ^^

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆

最近のコメント

月別アーカイブ

*ホメオパシーと医学と私*
☆☆ひょんなことからホメオパシーと知り合うことになった新米医師!!!!!!☆☆レメディとの格闘の日々♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆Strontium Carbonicum(ストロンチューム・カーブ/炭酸ストロンチウム)
Stron-c(ストロンチューム・カーブ)の原物質である炭酸ストロンチウムはスコットランドで発見されました。自然界では、Calc-sやCalc-cと同じ仲間に入ります。やわらかく、電気をよく通す鉱物です。

ストロンチウムはチェルノブイリの原発事故で問題になった物質ですが、これは体内でカルシウムと入れ替わり、カルシウムを体外に排泄します。これによって、骨髄炎や白血病をもたらします。

私達の生活の中では、コンピューターやテレビのモニター、砂糖の精製、また骨の癌の治療、炎症の治療などに用いられています。

また人工乳の中には母乳の4倍ものストロンチウムが含まれているといわれていますが、これによって赤ちゃんの免疫力の低下、腎臓の問題を引き起こします。

高齢者の体内に蓄積、特に肺に蓄積します。それによって、リウマチ、血液疾患になるといわれています。

ホメオパシー的には、歩くことで悪化する頭痛、うっ血、胸の圧迫、呼吸困難、更年期障害、甲状腺の問題でカルシウムのたまりやすい状態、手術の後、出血、冷たさ、外科手術、ショック状態の時などに使われます。

<作用する部位>
骨・心・腎臓・足首
骨の問題炎症の問題

<基調>
悪化:冷え、覆わないこと、力を使うこと(起き上がるだけで!)、天候の変化、午前2時、3時

好転:熱、光、(太陽)、温かい湯

食べ物はあまり欲しがりませんが・・・

欲求:パンとビール
嫌悪:肉

<精神>
忘れっぽいうつ状態、突然怒り出す、怪我をさせられそうだという妄想から邪魔なものは殴ります。自己中心的ですが仲間は欲しく、信頼は裏切ることが出来ません。他者のサポートに依存しがちです。
すべての人が自分を見ている、自分は観察されているという妄想がありますが、自分のアイデアや自分自身に自信がなく見下されていると感じます。なすすべがありません。

自分の判断に自信がないために秘密主義になりがちで、自分は何者?という思いが常にあります。他人の考えに圧倒されて何もできず、自分のアイデアを形にすることができません。

相手に依存して意のまま、いわゆるシンデレラシンドロームです。

しかし自分の考えに固執して動かない反面もあります。

他者に勝つための頑固さではありません。

時にそれによってばかげた振る舞いをすることもあります。そして真の考えを見つめることが出来なくなります。

<全般>
体はすごく冷えていて冷たさに敏感ですが頭や胸にうっ血があります。
汗は夜に多いです。胸部に圧迫感があり胸の上に重い石があるような感覚があります。血圧が高く、大動脈弁閉鎖症や動脈硬化があるかもしれません。


あるところに徐々に痛みが出てきて徐々に消えていきます。
痛みが移動するのは早いです。

大腿骨のトラブルにも良いでしょう。

子供
腺病質の子供、下痢ばっかりしてて骨の痛みのある子


首の緊張→頭に移動:太陽の光、熱、覆うことで好転
どくどくするような痛みがありめまいと吐き気を伴う
上あごの痛み、眉の辺りの痛み、頭の中を内側から拡張されている感じ


赤く卒中を起こして倒れる

四肢
足首の捻挫、腫れは引かない
慢性的な捻挫、蟻走感、麻痺をしているような衰弱
やせて細くなった四肢
大きな関節・肩のリウマチ

体は硬い

腹部
切迫した硬い便意
便は大きく肛門に激痛が走る
お腹は晴れ上がっています
きりきり刺すような下痢
お尻から黄色い分泌物
症状は夜に悪化 朝に好転
排便の後肛門の灼熱感がある

背部
腰と背中に骨折のような激痛
癌の末期のような痛みにも良い

胸部
圧迫感
狭心症のような症状


手術後の灼熱感
物が真っ赤に見える
色が変化する


骨の引き裂くような痛み


歯が締め付けられた感じ
目が覚めたとき口の中がしびれている


片方に収縮感
鼻くそかと思ってほじると血のかさぶたがあり出血する


狭まった感じ

泌尿器
尿はアンモニアの強いにおいで少量


眠ると体がびくっとして夜中の空せきで目がさめる
ホラーの夢を見る

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆



コメント
not subject
記述のなかでストロンチュームが過剰な場合なのか、それとも無い場合なのかの記述がありません。
文章を書く場合は、なにも知らない相手に判る様に書くのが基本です。
[2008/10/18 22:47] URL | 福谷 勝一 #- [ 編集 ]

福谷 勝一さんへ
福谷 勝一さんへ

コメントありがとうございます。お返事遅くなってしまい、申し訳ありません。
これはマテリアメディカですので、ストロンチュームが過剰でも不足でもありません。あくまでプルービングしたときにでてきた症状を記載したものであり、ストロンチュームというレメディが当てはまる人の傾向や特徴を示したものです。ストロンチューム自体の毒性は冒頭に記載したとおりで、作用する部位以下は、プルービングの結果です。

おっしゃるとおり、全く知らない人に書くのが基本だと思いますが、このページは半ば私のメモ帳のようになっておりますので、全くホメオパシーに関して知らない方に読んでいただく分にはいささか不十分だと思います。マテリアメディカに関しては、由井先生の著書などを読まれたほうが分かりやすいかと思います。
[2008/11/13 20:52] URL | tamago #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ignatia.blog48.fc2.com/tb.php/123-3d304e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホメオパシーを学ぶなら

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

books

toys

SEO

ホメオパシーを使ってみたいなら?
  • SEOブログパーツ
seo great banner ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。