いらっしゃい

安全にこだわりを!

最近の記事

プロフィール

ignatia

Author:ignatia
どうも、こんにちは
当ブログにお越し頂きありがとうございます。

私は医学生の時にホメオパシーに興味を抱き、
好機を得て、ホメオパシーを学ぶ事が出来、ホメオパスにもなれたというちょっと変わった医者です。

元々は、小さい頃から医者になりたくてなりたくて、念願かなって医学部入学。
ERにあこがれて、救急救命医になるんだ!と思っていました。

しかし、大学に入学して、ちょっと変わった彼氏ができ、彼から、
気・波動・整体など
西洋医学とはちょっと違う方向のことや
DNAや量子物理学など、
万物の根源に関することを話され、
医学そのものより病気の本質・健康の本質に興味を持ち始めます。

そんな中、
個人的に参加したサイモントン療法で知り合った女性に

ホメオパシーというのがあるんだよ!
由井先生はすごいよ!

とのお言葉を頂き、学校説明会→即入学。

まだこの頃は横に広がる人生の一環で、とにかくたくさんいろんな事を知りたい時期でしたね。

現在は、CHhomの前身であるRAHを無事卒業し、
JPHMAの試験にも合格し、
2年後、HMAの試験にも合格。
無事ホメオパスの資格を得る事が出来ました。

本業の医学は無事大学を卒業し、現在は医者として働いています。

ホメオパシーに関しては、現在のところは自分と近しい人にしか使っておりませんが、
ご質問があれば、どしどしどうぞ^^

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆

最近のコメント

月別アーカイブ

*ホメオパシーと医学と私*
☆☆ひょんなことからホメオパシーと知り合うことになった新米医師!!!!!!☆☆レメディとの格闘の日々♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆由井寅子先生☆
ホメオパシーの大家、由井寅子先生。
名前も猛々しいですが、実際に話を聞くとなお猛々しいです(笑)
(言ったら怒られるかな・・・???)

しかし私はこの先生の一言でRAHへの入学を決めました。
偉大な師だと思っています。

その先生のご紹介を少しさせていただきます。
以下RAHの学長紹介からの抜粋です。

●1953年愛媛県生まれ。
日本で10年ドラマ・ドキュメンタリー製作、英国で5年報道担当として、戦争、天災、飢餓、事故などの特集に関わり、世界中を駆け巡る中で潰瘍性大腸炎を患う。

万策尽きた時、ホメオパシ-と運命的な出会いがあり、劇的に改善するという体験を通じて、ホメオパシーの道を志し、リージェントカレッジのホメオパシー科に入学。

クラシカルホメオパシーのみでの勉強に限界を感じ、翌年CPH(カレッジ・オブ・プラクティカル・ホメオパシー)に2年目から編入。
恩師ロバート学長*と出会う。

3年間のCPH卒業後、英国政府認定の英国ホメオパシー医学協会(HMA)によるホメオパス認定試験に合格し、HMA認定ホメオパスとなる。
言葉の壁を乗り越えて努力した日本人初の認定ホメオパスとして「スペシャルアワード」を授与される。英国にて由井ホメオパシークリニックを開設し、ホメオパスとして活動を開始する。

また更に深くホメオパシーを学ぶべく、CPHの大学院(2年間)に進学する。この年CPHに大学院の教授として招かれた恩師ネルソン博士*と出会い、徹底的な英才指導を受ける。この間、大学院で勉学に励むとともに、ホメオパスとして活動する。

大学院卒業後、ホメオパスとして精力的に活動を始め、数多くの臨床経験を積む。(英国在住の日本人やイギリス人をはじめ他のヨーロッパの国々からも患者が来て、診療に明けくれる日々が続く。)

●1997年4月…日本に本格的なホメオパシーの学校、HMA認定のロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)を創設し、学長としてホメオパシーの教育に全力を注ぎはじめる。

●1998年4月…日本で初めてのホメオパシー団体である日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)を設立し、会長として、日本におけるホメオパシー医学の正しい普及と発展のためにこれに関する知識と情報の交流ならびにその研究の推進を図るとともに国際協力に努め、広く社会に貢献することを目指し、活動をスタートする。

●2000年4月…これまでの功績が高く評価され、HMAの名誉会員となる。

●2001年5月…インターナショナルメディカルユニバースティー(本部スイス ジュネーブ)から、国際法に基づいたホメオパシー博士の学位を取得する。

●2002年3月…CPHよりロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシーにおける活動を高く評価され、フェローシップ(名誉会員)を授与される。「看護のための最新医学講座(全36巻)」の中の第33巻代替医療の中のホメオパシーを執筆、好評を得る。

●2002年10月…HMAコンフィレンスの中でHMAフェローシップの記念プレートを頂く。

●2004年4月…「ホメオパシーとらのこ会」がチャールズ皇太子の統合健康財団(The Prince of Wales's Foundation for Integrated Health)の法人擁護団体に登録される。

●2004年7月…Lotus Health Institute会長ロビン・マーフィー氏よりディプロマを授与される。

●2005年11月…これまでの最先端のホメオパシー理論とホメオパシー健康相談による臨床ケースを駆使して、予防接種と医原病の秘密に迫り警鐘を鳴らす『由井寅子の予防接種と医原病入門』を著作し、発刊。


とにかく、日本でホメオパシーを広げるために徹底的に教育された筋金入りの女性です。由井先生自身がホメオパシーで潰瘍性大腸炎を治したという事実もまた感銘を覚えます。

(C)Torako Yui & The Japan Royal Academy Of Homeopathy

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆






テーマ:ホメオパシー - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ignatia.blog48.fc2.com/tb.php/49-dfcfe212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホメオパシーを学ぶなら

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

books

toys

SEO

ホメオパシーを使ってみたいなら?
  • SEOブログパーツ
seo great banner ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。