いらっしゃい

安全にこだわりを!

最近の記事

プロフィール

ignatia

Author:ignatia
どうも、こんにちは
当ブログにお越し頂きありがとうございます。

私は医学生の時にホメオパシーに興味を抱き、
好機を得て、ホメオパシーを学ぶ事が出来、ホメオパスにもなれたというちょっと変わった医者です。

元々は、小さい頃から医者になりたくてなりたくて、念願かなって医学部入学。
ERにあこがれて、救急救命医になるんだ!と思っていました。

しかし、大学に入学して、ちょっと変わった彼氏ができ、彼から、
気・波動・整体など
西洋医学とはちょっと違う方向のことや
DNAや量子物理学など、
万物の根源に関することを話され、
医学そのものより病気の本質・健康の本質に興味を持ち始めます。

そんな中、
個人的に参加したサイモントン療法で知り合った女性に

ホメオパシーというのがあるんだよ!
由井先生はすごいよ!

とのお言葉を頂き、学校説明会→即入学。

まだこの頃は横に広がる人生の一環で、とにかくたくさんいろんな事を知りたい時期でしたね。

現在は、CHhomの前身であるRAHを無事卒業し、
JPHMAの試験にも合格し、
2年後、HMAの試験にも合格。
無事ホメオパスの資格を得る事が出来ました。

本業の医学は無事大学を卒業し、現在は医者として働いています。

ホメオパシーに関しては、現在のところは自分と近しい人にしか使っておりませんが、
ご質問があれば、どしどしどうぞ^^

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中^^
ワンクリック、よければお願いします☆

最近のコメント

月別アーカイブ

*ホメオパシーと医学と私*
☆☆ひょんなことからホメオパシーと知り合うことになった新米医師!!!!!!☆☆レメディとの格闘の日々♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆授乳は簡単なことじゃない?!☆
Breast Feeding、すなわち授乳ですが、これは実は簡単ではない、と先日Mirandaさんがおっしゃっていたので、書いてみます。

Mirandaさんは初めて赤ちゃんを産んだとき、部屋に戻ってほっとしていたらすぐに看護婦さんが来て、赤ちゃんをぽいっと手渡して、「じゃ、おっぱいあげてください。」とだけ言い残し、とても困惑した覚えがあるそうです。

「どうしたらいいの?!」って。

だからMirandaさんは、必ず授乳にはサポートがいるといいます。

逆に適切な授乳を教えないから、授乳に関する問題が起こるのだと。

たとえば、乳頭が赤ちゃんの口の中まですっぽり納まっていれば、亀裂はおきないといいますし、

寝ながら授乳すれば、赤ちゃんもお母さんも、すぐに眠りにつくことができるとおっしゃっていました。

私も、子供を生んだこともないし、おっぱいをあげたわけではないので、なるほどなぁ!と思いながら聞いていましたが、こういうアドバイス、確かに必要ですよね。

皆さんも何か知恵があったら是非教えてください。

fc2 ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑↑↑
ランキング参加中です^^
共感していただける方ワンクリック、どうぞお願いします☆



コメント
not subject
そうなんです。授乳は本当に簡単じゃないんです。いろんなテクニックがいりますね。もっとも大事なことは、産んだ後すぐにお母さんと赤ちゃんの対面をして、なるべく早い時間からお母さんにあかちゃんのお世話をしてもらうこと(早期の授乳の開始を含む)、そして助産師や看護師のサポートです。生まれた後すぐに長い時間母子分離をしてしまうと、お母さんにお世話が「大変なもの」という感覚を与えてしまいます。産んだ直後から、自分の側に赤ちゃんがいるのが当たり前であることが大事と思います。授乳にも、与える方のお母さん、もらうほうの赤ちゃん双方のテクニックが必要になってきます。たくさん練習して始めてトラブルのない授乳ができるようになると思うのです。だから、授乳は栄養補給という面だけでなく、母と子のスキンシップや授乳スキルの確立色々な面から早期の働きかけが大事と思います。なにやらたくさん語ってしまいました・・・・。
[2006/10/22 20:42] URL | yo #- [ 編集 ]

yoさん、コメントありがとうございます^^
こんにちは!yoさん!
いやいや、どんどん語ってください!
困っている人多いんですね!

まあでもbreast feedingだけで、レパトリがたくさんでちゃうくらいですから、そうなんでしょうね!

そういうのの指導ってないんでしょうかね?v-9
[2006/10/22 21:32] URL | tamago #- [ 編集 ]

not subject
もちろん指導はありますよ。授乳の指導のみを専門に研究している、「ラクテーションコンサルタント」という専門家もいるくらいですから。他にも母乳や授乳についていろいろ研究・学習している団体がたくさんあります。ただ、いち産婦人科の単位になってしまうと、十分に指導できていないのが現実じゃないでしょうか。細かいことをいうと、昔は赤ちゃんがしっかり吸い付いてくれないから、十分お腹が空いて泣くまでまってから授乳しましょうと言われていましたが、今は赤ちゃんが泣いてしまってから授乳では遅すぎると、赤ちゃんが母親の乳房を探すしぐさがでたらすぐに授乳をするようにしましょうと言う指導が一般的です。赤ちゃんが泣く前に彼らの欲求を満たしてあげることができると、いつも機嫌のよい育てやすい子になるそうですしね。授乳のとこは深くて語りだしたらきりがありません・・・・。
[2006/10/22 21:51] URL | yo #- [ 編集 ]

not subject
なるほど!大変興味深い!
じゃあ、mirandaさんのニュアンスとしては、もっと現場の産婦人科医や看護婦さんがそういうものに興味を持って、対応にあたるべきた、ということなんですね!

なんか、名前は忘れましたが、清拭でしたっけ?とかの流れも変わってきているんですってね。授業で助産師さんがお話しておられました。

そういうのって、医学部ではやっぱりさっぱり授業ではお話されないし、(看護学科では違うのかもしれませんが)、言われてみて、なるほど!と思うくらいなのですが、そういう現状を知っているのといないのとだけでも違うなあとしみじみ思います。

是非もっと語ってくださいi-229
[2006/10/22 21:59] URL | tamago #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ignatia.blog48.fc2.com/tb.php/99-c89fa789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホメオパシーを学ぶなら

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

books

toys

SEO

ホメオパシーを使ってみたいなら?
  • SEOブログパーツ
seo great banner ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。